だから、、、窓というのは丸ごと取れるのだ。朝のポン円65PIPS利確

2017.11.13 朝のポンド円 窓埋めプラス反動で65PIPIS利確

2017.11.13朝ポンド円

月曜日の朝は窓が空く
チャートの恒例のようなものだ。

そして、、、
窓は埋められる。
ほぼ9割以上の確率で埋められる。

理由は、おそらくはこの窓空きを狙うトレーダーが仰山いるからだろうか。
値動きはその時々の「絶対数と絶対量」である。
値動きは「揃える」という大きな特長がある。
それを理解していれば、窓位に美味しい絵はないと感じてしまう。

気になるスプレッドも開くのは始めの30分程度になる。
そして、窓は8時には埋めるという慣習あり、その時間には通常のスプレッドに戻っている。
だから、、、窓というのは丸ごと取れるのだ。

ポンド円程、値動きが強く分かりやすい通貨はないだろう。
狙っているポイントがジグザグで分かる通貨になる。

「窓埋めは素早く、確実で簡単」
このことを知っていれば、窓を狙わない理由はないだろうと思う。

今朝のポンド円の窓は30PIPIS程度

1時間足で見たのでは、どこで止まったのか解らない。
30分足チャート
反対の波の形成時、最初の陰線のポイントで止まった。
切り上げラインと重なるポイント、そして30分足でダウが成立するポイントである。
窓埋めが約束されたような絵になっています。

コメント


認証コード9335

コメントは管理者の承認後に表示されます。