パーティの席に、もし似顔絵師がいたら。。。

パーティーには似顔絵が似合う

招待状が届いたその日

(女性の場合、たぶん、、、)
その日からパーティーのことを考えてワクワクするでしょうね。
「なにを着て行こうかな?」「素敵な出会いがあったらいいな!」
「どんな料理が出てくるのかしら?」

な~んて

平服でもいいですなんて書いてあったりすと。。。
案外ガッカリするんじゃないでしょうか!?

(男性の場合、たぶん、、、)
いろんな意味で自分をアピールできる大事な場所です。

パーティーは単なる飲み会や寄り合いとは違いますね。
招待されて参加出来るのです。
言い換えれば「選ばれた特別なひと」たちです。

ところで。。。

パーティーのタイプをこのように分ける必要はないのでしょうが、、、

●オフィシャル

●プライベート

こんな感じですね。

その中には出席したくなるようなパーティーもあるでしょうね。

そんなパーティーにするために、
ワクワクするような企画をするのが主催者の手腕です。

たとえば。。。

ゲストのテーブルを楽しませるような特別なサービスがあったとしたら・・・
どうでしょう!!

お食事を楽しみながら、似顔絵を描いてもらう!

お酒を飲みながら、似顔絵を楽しむ!

似顔絵でゲストたちのテーブルが盛り上がることもあります。

似顔絵はパーティによく似合います。

似顔絵はお酒を嗜む場に似合います。

次回は、パーティーで似顔絵を描くときに。。。

       似顔絵師 KAZYA


さて、パーティーの場で似顔絵を描くときに
大切なことってなんでしょう?

その前に、パーティーについて触れると企業や団体が開催するパーティーと個人が主催するパーティーではその内容はかなり変わってきますね。

さらに、評価についても。。。

オフィシャルの場合は企業や団体そのものが評価され、プライベートな場合は
個人の責任や評価で良いという大きな違いがあります。

さらに、企画についても。。。

プラン、スケジュール、予算において違いがあります。
プライベートなら主催者が企画を立てればいいのですが、オフィシャルの場合
関係者の合意が必要です。

そして、さらに。。。

もう一つのおおきな違いは、プライベートの場合には、
招待客の多くが顔見知りであること。
オフィシャルの場合はパブリックです
友人、知り合いをもてなすのとビジネスパートナーをもてなすのとでは
運営のスタンスが違ってきます。

んんん、、、そこで、大切なことは。。。

プライベートなパーティーとカジュアルなパーティーを混同ないこと
カジュアル、フォーマルはパーティーのスタイルであり、
オフィシャルでカジュアルのパーティーもあれば、
プライベートでフォーマルなパーティーもあるわけです。

さて、パーティーの場で似顔絵を描くときに
大切なことってなんでしょう?

パーティーのスタイル、背景をよく理解して
似顔絵を描くことが大事なのですね!!

なんとなくならOK!! コレって、よ~く考えましょう。

無理な内容は受けない。
雰囲気も分からないジャンルでやれば、流れが読めずに、たぶん、お客様はがっかりします。

おまけの演出は必ず、良かったと思わせること

「花見で一杯」
これは日本ならではかもしれません。
昔からの慣習ですが、オフィシャルでもプライベートでも人気が高い、懇親が目的のパーティーです。

こんな場所に出張可能な似顔絵師は希少ですよ。

是非ともご利用くださいませ。

次回は、親睦に一役買う似顔絵

        似顔絵師 KAZYA

パーティには似顔絵が似合う

親睦に一役、パーティに似顔絵を取り入れてみる。
 

ところで。。。
目的別のパーティー、どれ位?・・・思いつくでしょうか。
パッと思いつくのが5個程度。考えてみても精々、10個程度。
これ位では。。。
なんかテレビ的な感じになっています。
私も全然だったので、、、

ちょっと調べてみました。

とても真面目ですから どうぞ。
ザザザザッと、こんなんな感じになります。

●新製品発表会

●事務所開き

●表彰パーティー

●竣工祝い

●創業周年祝賀パーティー

●入社祝い

●祝勝会

●出版記念パーティー

●個展のオープニングパーティー

●受賞祝賀パーティー

●結婚披露パーティー

●結婚式の2次会

●金婚式、銀婚式

●先生の長寿を祝う

●還暦祝い

●お別れパーティー

●ウェルカムパーティー

●新築披露のパーティー

●追悼会、偲ぶ会

●同窓会、クラス会

●ミニ謝恩会

●親睦会

●観桜会

●観月会

●七夕祭り

●新年会

●忘年会

●サマーパーティー

●ボジョレーヌーボー

●カクテルパーティー

●クリスマスパーティー

●チャリティー

ここも真面目ですから どうぞ。

アイデアパーティーとして変わった趣向のパーティーもあります。

●カルチャーパーティー

●ひな祭りパーティー

●サプライズパーティー

●仮装パーティー

ザザザザッと、こんな感じになります。
  

いかがでした?
実に鮮やか!かなりありますね。
まったく、ご縁のないものも沢さ~んです。
料亭でやるのもありますから、、、

団体、グループ、個人 開催場所もさまざま。。。

そして肝心なことは、それぞれにパーティーで関わる人たち。
企業の得意先や取引先、お店のオーナーさん、マスコミ、同業者の協会、オピニオンリーダー、顧客、学生、社員、スタッフ、挙げていけばきりがないでしょう。

目的がメインとなるパーティーならば、、、

そんな時、ゲストで出演することがあったら。。。
似顔絵師の役割も大きいといえそうです。

ビジネスで、プライベートでパーティーを成功させるためにの
とっておきのアイデアも必要です。

グットウィル
好感を得られる似顔絵をご検討ください。

次回はパーティーで親睦を目的にした意外なパーティーで合う似顔絵とは、、、

          似顔絵師KAZYA

「似顔絵が似合う意外なパティーといえば、、、」

なんといってもカクテル、ワインのパティーになるのかな。

カクテルパーティーはオーソドックスですが、ワインの場合はボジョレーヌーヴォーの
解禁日に合わせて開かれる人気のパーティーです。

フランスでは定着しているパーティーですが、日本でもワインブームでパーティーが開催されています。

これらのパーティーは酒造メーカーやワイン専門店が主催するケースが大半です。

また、プライベートでワイン好き・カクテル好きが開催すケースも多いようです。

ワインを楽しむパティーですから、形式にも捉われず、自由なスタイルでは気軽に開けるのもこの種のパーティーです。

マンションのロビーでも、仕事場でも開けます。

おしゃれにキメたければ、イタリアンレストランやフレンチレストランが良いのかな。

お酒さえ揃えば、会場はどこでもいいのです。

演出は音楽。

余興としては、ソムリエをゲストにはもっともなので。。。

似顔絵師を呼んでみるのもいいかと。。。

キーワードは「カクテルパーティー=似顔絵」です。

キーワードは「ワインパーティ=似顔絵」です。

似顔絵師 KAZYA

出張似顔絵 ★★★出張似顔絵切符のご利用がお得です。